リプロスキンの効果と使用方法は?

公開日:  最終更新日:2017/04/22

10代から20代までずっとニキビに悩まされ続けていた私。特にアゴまわりとおでこは常にニキビが絶えず、お肌がボロボロの状態でした。

 

ニキビの本当の恐ろしさはむしろ「跡が残る」という点にあります。

 

できてしまったニキビは仕方がないとしても、顔中に散らばる赤黒い点や2~3個のクレーター、それがニキビ跡として私をずっと苦しめるのです。

 

ファンデとコンシーラーでカバーし続けるのにも限界があると思い、根本的にニキビ跡を改善したくなった私は、ネットで見かけた「リプロスキン」というニキビ跡専用の化粧水を試してみることにしました。

 

今回はリプロスキンの効果と、使用方法(使い方)について詳しく説明したいと思います。

 

リプロスキンの効果

「リプロスキン」はお肌を一時的に弱酸性から中性~弱アルカリ性に変化させることで角質層などを柔らかくし、その後に使用する乳液や美容液などの浸透率を高めてくれるブースター化粧水。

 

洗顔後のスキンケアの一番最初にリプロスキンを塗ることで、ターンオーバーを正常化する成分をお肌の奥まで浸透させることができるのだそうです。

 

つまり、何かの成分の効果で劇的にニキビ跡を消すという訳ではなく、普段使っている基礎化粧品の力を最大限に引き出すことで、ニキビ跡を改善していくということですね。

 

その効果のほどは本物なのかどうか、リプロスキンを実際に使用してみた4ヶ月間のレポをお届けします。

 

1.リプロスキンを使い始めて2週間後

さすがにまだ効果は感じられません。ニキビ跡を隠すためには、まだファンデとコンシーラーの厚塗りが必要です。今のところお肌に負担はかかっていないようですし、特に悪影響などもありません。

 

2.1ヶ月後

1本目を使い切りました。残念ながらニキビ跡はまだ残っています。今のところ効果を実感することはできません。

 

お肌のターンオーバーは28日周期だと聞いたことがありますが、まだまだニキビ跡を消すには時間が足りないようですね。

 

しかし、以前に比べるとお肌がモチモチしています。吹き出物だらけでザラザラしていた表皮も、なめらかな手触りになってきました。

 

3.2ヶ月後

ファンデーションの厚塗りが必要なくなりました。顔全体に広がっていた赤みが薄れて、ニキビ跡が少しずつ目立たなくなっています。

 

ニキビ跡が完全に消えたというわけではないのですが、もうクレーター以外のニキビ跡にはコンシーラーを使っていません。

 

何よりすごいのが、ニキビ体質だった私の顔にひとつもニキビができていないこと。肌質自体が改善されているのでしょうか?

 

4.3ヶ月後

3本目を使い終えたとき、ようやくニキビ跡が目立ってないな、という実感を得られました。生理前以外には新しいニキビもまったくできません。

 

毎日がニキビdayだった私が、繰り返すニキビを何カ月も抑えられている。それだけでわりと感動ものです。

 

ちなみにリプロスキン以外の基礎化粧品は一切変えていません。以前と同じものをずっと使用し続けています。

 

5.4か月後

リプロスキンを使い始めて4ヶ月。顔全体に広がっていたニキビ跡が、たったの4ヶ月で本当に綺麗になりました。

 

ファンデの厚塗りやコンシーラーの使用をやめたどころか、BBクリームの薄塗りだけでもOKではないかというほどお肌が透明感を増しています。

 

私がかつてはニキビだらけだった事を知っている同僚も、「最近お肌綺麗になったよね?」と声をかけてくれました。

 

ニキビ跡全完治、とまでは言えませんが、クレーター以外のニキビ跡はもうほとんど消滅したといっても過言ではないでしょう。

 

また、リプロスキンを使い始めて1ヶ月後あたりには「化粧ノリが良くなった」と感じて始めていましたが、最近はたえずお肌がもちもちと潤い、以前とは弾力が明らかに違います。

 

6.リプロスキンの効果まとめ

 

  • ニキビ跡の赤みが消え、お肌がワントーン明るくなりました
  • クレーターの凹みが浅くなり、赤黒い点はほぼ目立たなくなりました
  • お肌がしっとり潤い、弾力とハリが出てきました
  • ニキビそのものが出来にくくなりました

 

ニキビ跡を完全に消してしまうには、やはりある程度の時間が必要です。少なくとも3ヵ月は様子を見ないと効果が実感できないかもしれません。

 

それでも、リプロスキンが効率的にお肌のターンオーバーを促進してくれたという実感はあります。

また、私のニキビ跡タイプはクレーター+赤黒い点でしたが、凹凸タイプや黒ずみタイプ、ひたすら赤いタイプにもリプロスキンは有効なんだそうです。

 

即効性を求める方には向いていないかもしれませんが、時間をかけてゆっくりニキビ跡を治したい方、ニキビの予防を心掛けたい方などにはおすすめの化粧水です。

リプロスキンの使用方法

私はリプロスキンを朝晩2回の洗顔直後に、ブースター化粧水として使用しています。

 

1回につき10滴ほどを手のひらの上にとり、人肌と同じ温度になるよう温めてから、2~3度に分けて顔に乗せ、優しくハンドプレスします。

 

2度塗りした方が浸透しやすいと聞いたので、じっくりと時間をかけて顔全体に塗っています。

 

リプロスキンの取扱説明書にも、「手でローションを温めてから、手のひらで肌に押し込むように浸透させる」と書かれていましたので、擦らずに手で優しく押さえるよう気をつけています。

 

その後は、保湿力の高い化粧水や乳液、美容液、クリームを普段通りに使用します。

 

これが一番重要な部分なのです。

 

リプロスキンは導入型柔軟化粧品。硬くなっているお肌を柔らかくすることで、美容成分をお肌の奥まで浸透させるための化粧水です。

 

つまりお肌がブーストしている直後に高濃度ビタミンC やセラミドなどが配合された美容液などをたっぷりと塗り、乳液やクリームでフタをしなければ、リプロスキンを使用する意味がまったくありません。

 

リプロスキンと保湿力のある化粧品を併用すること。これが一番大切なポイントです。

 

くれぐれもリプロスキンのみで洗顔後のケアを終えないでくださいね。

 

また、リプロスキン使用後に美容液のコットンパックをすると、相乗効果でお肌がもちもちになりますよ。特別な日の前のスペシャルケアにおすすめです。

 

リプロスキンの口コミ

 

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑